2011年08月27日

片思い

片思いとは、片方が恋愛感情を抱いているものの、相手がその人に恋愛感情がない、あるいは関心すらない状態のことをいいます。相手も自分に恋愛感情を抱いてくれることは両思いといい、片思いから脱して両思いになることで恋愛成就と言えます。


片思いをしている場合、好きな相手にどのような行動をとるのかで大きく3つのパターンに分けられます。


1つめは、素直に片思いの相手に積極的に関わろうとし、かつ相手に親切に好意的に振舞うパターン。

2つめは、片思いの相手と関わりをもつにはもつのだけど「あなたなんか好きでもなんでもない」とそっけなく振舞うパターン。

3つめは、片思いの相手に積極的に関わることができず、遠くから見つめるパターン。


片思いの特殊なパターンとしては、ストーカー的に相手につきまとってしまうパターンもあります。


片思いをしている人は、「なぜわたしの思いをわかってくれないの?」と思ってしまいがちですが、片思いでもこれだけの行動パターンがあるわけです。特に2と3は、相手からしてみればわからなくて当然では?――このへんを押さえて、そんなことで悩まず、現実に相手に「思いをちゃんと伝える」ことを目指したいものですね。





友達
posted by meiks at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

恋愛映画

恋愛映画とは、ラブロマンスとも呼ばれる、恋愛を主題として描いた映画のことをいいます。


恋愛映画の古典的な洋画の作品としては、「風と共に去りぬ」「ローマの休日」「ある愛の詩」「追憶」などが有名です。


恋愛映画で1980年以降の全米興行成績を見てみると、1位「タイタニック」、2位「ゴースト/ニューヨークの幻」、3位「パールハーバー」となっています。興行成績がどうであっても、自分の好きな一押しの恋愛映画がきっとあることでしょう。


邦画で恋愛映画といえば、「恋空」「世界の中心で、愛をさけぶ」「黄泉がえり」「恋愛写真」「今、会いに行きます」等々があげられます。


恋愛映画といっても、ラブコメと呼ばれる「楽しく展開してラストも笑ってハッピーエンド」というものから、悲恋の映画、泣いて泣いて涙と感動の嵐というものまで、様々あります。


恋愛は現実では、あまり泣きたいことは起きてほしくないもの。悲恋や不遇、そして奇跡など盛りだくさんの「泣ける」展開が人気があるのも、映画だからこそと言えるでしょう。





友達
posted by meiks at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

恋愛映画

恋愛映画とは、恋愛をメインテーマとして描いている映画のことをいいます。


恋愛映画といわれる映画でなくても、恋愛のシーンは、ほとんどの映画には含まれているといっていいでしょう。まさに、恋愛抜きに映画が作れない?と思えるほどですね。


恋愛映画は、恋愛そのものがメインテーマの映画ですから、主人公の男性ないし女性と、その恋愛相手役はそう簡単にハッピーエンドにはなりません。最初はとうてい結びつかない、敵同士なくらいの設定で始まり、反発しあいながらもお互いに惹かれて合っていく、観る側もドキドキしながら進んでいくといったストーリーが多いでしょう。


恋愛映画に対する評価は様々です。恋愛映画といわれるものにもピンからキリまであり、映画によっては「単なる恋愛映画では終わらない映画」といった評価をされるものもあります。この表現があるということは、「単なる恋愛映画」は評価が低いのかもしれませんね。


しかし恋愛というのは大多数の人にとっては共通の関心事。誰にとっても身近な存在であるがゆえに、恋愛映画も興味がもたれるものといえるでしょう。





友達募集
posted by meiks at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。