2010年11月15日

恋愛映画

恋愛映画とは、ラブロマンスとも呼ばれる、恋愛を主題として描いた映画のことをいいます。


恋愛映画の古典的な洋画の作品としては、「風と共に去りぬ」「ローマの休日」「ある愛の詩」「追憶」などが有名です。


恋愛映画で1980年以降の全米興行成績を見てみると、1位「タイタニック」、2位「ゴースト/ニューヨークの幻」、3位「パールハーバー」となっています。興行成績がどうであっても、自分の好きな一押しの恋愛映画がきっとあることでしょう。


邦画で恋愛映画といえば、「恋空」「世界の中心で、愛をさけぶ」「黄泉がえり」「恋愛写真」「今、会いに行きます」等々があげられます。


恋愛映画といっても、ラブコメと呼ばれる「楽しく展開してラストも笑ってハッピーエンド」というものから、悲恋の映画、泣いて泣いて涙と感動の嵐というものまで、様々あります。


恋愛は現実では、あまり泣きたいことは起きてほしくないもの。悲恋や不遇、そして奇跡など盛りだくさんの「泣ける」展開が人気があるのも、映画だからこそと言えるでしょう。
posted by meiks at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。