2011年01月18日

運命の赤い糸

運命の赤い糸ときけば、もう恋愛の定番。「愛するあなたはわたしの運命の人!」というロマンは女性のみならず、男性も関心はあることでしょう。


運命の赤い糸とは、「お互いの運命の人(この場合恋愛の対象をさす)は、お互いの小指に赤い糸が結ばれている」という伝説をいいます。


運命の赤い糸の伝説はいったいどこからきているのでしょうか。これはひとつに中国・宋時代の物語からきているという説があります。これは昔、ある青年が「結ばれる運命の男女を赤い縄で結ぶ」という老人に出会い、自分の妻になる女性を尋ねたところ、実にみすぼらしい幼女を示されたため激怒し、その娘を青年は殺そうとしたと。十数年後、結婚した妻の額には刀傷があり、以前自分が殺そうとした娘と知った、という話です。


運命の赤い「縄」が、後に赤い「糸」に変わり、こうして自分が結婚する相手は運命の赤い糸で結ばれているのだという説ができたといわれます。





恋人
posted by meiks at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。