2011年03月24日

ひいた瞬間

「ひいた瞬間」というのは、恋愛においては特に珍しいものではありません。


恋愛は楽しいことばかりとは限りません。特に恋愛当初というのは、相手がとっても素敵に思えているわけですが、これがぶち壊されることだってあります。これがいわゆる「ひいた瞬間」ですね。


「あなたのひいた瞬間は?」と問うと、実に多くの人が、女性も男性も経験を語ってくれることでしょう。


「ひいた瞬間」としてあげられるのは、たとえば、「いい年をした成人男性がぬいぐるみの手を振って甘えたことを言い出した時」「いつもスーツ姿でかっこいい人なのに、デートの時の私服がちょっと…というセンスの悪さを見た時」「たかだか数百円を支払いたくないばかりに真剣に値切る姿を見た時」等々。実にたくさんの「ひいた瞬間」があるようです。


「ひいた瞬間」というのは、「どうやら相手は自分が思っていたような人ではない?」という現実を見た時といえます。さらにその「ひいた」内容が、「傍からみて恥ずかしい」「常識的にいって恥ずかしい」というレベルになると、「ひいた瞬間」から「百年の恋もいっぺんに冷める」ということになりかねません。


恋愛は良きイメージが先行するだけに、「ひいた瞬間」の衝撃は大きいものです。




恋愛
posted by meiks at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。