2011年06月12日

恋が始まる瞬間

恋が始まる瞬間は、それこそ人の数だけパターンがあるといえるようです。


いつも職場で聞きなれているはずの声を電話を通して聞いた時、雨に濡れてる姿がいつもと違って見えた時、何かの拍子で相手と至近距離になった時、何気なく目があった時に笑顔になってくれたなど、様々あります。


恋が始まる瞬間は、身近な人に関しては、その人のいつもと違う面を垣間見た時が多いようです。この意外性は好ましいものでなければなりません。「意外とかわいい」「意外と素直」「意外と優しい」「意外と逞しい」という類ですね。


意外性も好ましくないものだと「恋が始まる瞬間」どころか「恋が冷めてしまった瞬間」になりかねません。


この意外性のポイントは、見られる当人は気づいてないことが多いということ。つまり、自分の普段の行動は意外と人に見られていて、それをあまり意識してないということですね。


普段の何気ない行動にこそ、その人の本性がでるものです。そこから生まれる「恋が始まる瞬間」、なかなか侮れないものかもしれません。





恋愛なら
posted by meiks at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。